トップページへ
会社概要
最新情報へ
新着情報
主要取り扱いメーカー
展示品特価
今月の特価情報
委託品販売情報
特選アクセサリー
メーカー・リンク集へ

メールでお問合せ
ご注文、お支払方法へ
ホーム商会へのアクセス
 border=

ホーム商会のFacebook





  TAD 株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ

TAD URL: 
https://tad-labs.com/jp/
TADの母体であるパイオニアは、1938年に創業者である故松本望氏が、自ら作成した国産初のHi-Fiダイナミックスピーカー"A-8"を、最初の製品として発売することで、スピーカーメーカーとしての一歩を歩むこととなりました。
その後1975年に、世界のプロ用スピーカー市場でも認められる、最高級スピーカーの開発プロジェクトが、パイオニア内で発足しました。これがTADの誕生に至るきっかけになりました。
プロジェクトの為に、アメリカより招聘されたBart Locanthiは、自らが信じる高性能なスピーカーの開発を成し遂げるため、パイオニアの技術者に、シミュレーションと実験を重ねさせ、当時の物づくりの常識を覆すような製品の精度や、本物の技術の必要性を理解させました。
こうして出来上がった1号機が、1978年にアメリカのAES(Acoustic Engineering Society)で発表されたコンプレッションドライバー"TD-4001"でした。本製品はアメリカで発売後、従来品の性能をはるかに凌ぐ製品として、世界の著名なレコーディングスタジオ、例えば当時レコーディングスタジオの設計の第1人者でもあったトム・ヒドレーが設計した数々のスタジオや、エアースタジオ、キャピタルレコード、Record Plant等で使用され始めることとなりました。
日本での発売は、米国での発売より2年ほど遅れましたが、1979年、イーグルス・ジャパンツアーでSR(Sound Reinforcement)システムとして使用され、大きな話題を呼びました。
また、TADのユニットは、Jimmy PageやPrinceなど、アーティストのプライベートスタジオでも使用されることとなりました。
こうして、1980年代、90年代の全世界の著名なスタジオでは、TD-4001以降に発売されたコンプレッションドライバーやウーファーユニットが使用され、20カ国300以上のスタジオで使われることになりました。
TADの理念・思想が認められ、プロの現場で高い信頼を築くことができたのです。

TAD R1TX スピーカーシステム スピーカーシステム
TAD-R1TX 

■寸法(W×H×D)
554 W x 1293 H x 698 D mm
■質量 150kg / 1本
メーカー希望小売価格  : 15,400,000円 / ペア 

2007年の発売以降 “Referenceシリーズ” のフラッグシップモデルとしてハイエンドオーディオ市場において高く評価されてきた「TAD-R1」、「TAD-R1MK2」の系譜を引き継ぐ、最高峰のフロア型スピーカーシステム「TAD-R1TX」。
次世代の “Referenceシリーズ” を担う「TAD-R1TX」は、技術者の力を結集し極限まで音質を追求するとともに、エンクロージャーを山形県の高級家具メーカー「天童木工」と共同で制作。
世界の著名なクリエーターのオーダーに応え、数々の名作を生み出してきた「天童木工」の匠の技術によりさらに進化したSILENTエンクロージャーを用いることで、さらなる音質向上とともに、“Reference” の名にふさわしい風合いと美しさを両立し、フラブシップにふさわしいモデルとして登場。

仕上げ :エメラルドブラック、ベリルレッド


TAD CR1TX スピーカーシステム スピーカーシステム
TAD-CR1TX 

■寸法(W×H×D)
341 W x 628 H x 446 D mm
■質量  46kg / 1本

 
メーカー希望小売価格  : 7,700,000円 / ペア

TAD-CR1TXはステレオサウンドグランプリ2020及びオーディオ銘機賞2021ハイエンド特別大賞を受賞いたしました。

世界中のトップアーティストやエンジニアから厚い信頼と高い評価を得る「TAD」。
プロフェッショナルブランドとして、住空間の中で音の理想を究めるために、その時代を超えた技術とエンジニアの叡智を結集し創り上げた点音源思想の到達点TAD Reference One。
この次代のフラッグシップモデルに搭載された世界最高峰の技術をすべて凝縮した、新たなる極み〈TAD Compact Reference One〉。
目指したのは、鳴りっぷりのよい、スピーカーの存在を消し去る、このサイズだからこそ味わうことのできる点音源の世界。
その至高の響きは、きっとあなたの期待を超え、想像を超えていく。

仕上げ :エメラルドブラック、ベリルレッド
専用スタンド :TAD-ST1 396,000円 / ペア税込

TAD E2-WN スピーカーシステム スピーカーシステム
TAD-E2-WN

■寸法(W×H×D)
320 W × 1,085 H × 405 D mm (スパイク未装着)
■質量 32kg / 1本

 
メーカー希望小売価格  : 1,738,000円 / ペア

TAD-E2は2021ステレオサウンドグランプリ、2022オーディオ銘機賞銀賞を受賞いたしました。
TADのサウンドコンセプト「音像と音場の高次元での融合」。
それを目指しながらも木目柄のイメージを音で表現したTADの新しいスピーカーラインナップとして、TAD Evolution Twoが登場。
ベリリウム振動板を採用したトゥイーターとウーファーというシンプルなシステムながらもTADらしい点音源思想と音場を実現した新シリーズ。
落ち着いた中にも華やかさを演出する木目柄サテン調塗装仕上げ。

TAD E1-TX スピーカーシステム スピーカーシステム
TAD-E1TX

■寸法(W×H×D)
490× 150× 375mm
■質量 46kg / 1本

 
メーカー希望小売価格  : 2,640,000円 / ペア

CSTとBi Directional ADSポートを搭載した待望のEvolutionシリーズ・フロア型スピーカーシステムが誕生。
ダブルウーファーとADSより滑らかな低音を再現。CSTにより広帯域で自然な音の広がりを実現したスピーカー。
また、美しいフォルムで艶やかで洗練された空間を演出します。

TAD ME-1 スピーカーシステム スピーカーシステム
TAD-ME1

■寸法(W×H×D)
251 W × 411 H × 402 D mm
■質量 20kg / 1本

 
メーカー希望小売価格  : 1,386,000円 / ペア
常時試聴可能です。 


あなたがこれまでオーディオを通して聴いてきたのは、ヴォーカルの声や楽器の音、そのものだろうか。
TADはオーディオ再生の理想である“ありのままの音”を再現し続けてきた。
そこには、揺るぎない信念、確固たる理論、数々の先駆の技術が脈々と息づいている。
そしてまた新たなる技術によって、音質はそのままに、省スペースまでも獲得したスピーカーシステムが誕生。
美しい空間は、洗練された音で完成する。

仕上げ :ピアノブラック、チタニウムシルバー
オプションスタンド :TAD-ST3 メーカー希望小売価格220,000円 / ペア税込



ページの上へ

Accuphase アキュフェーズ ATC esoteric エソテリック JBL LINN Mark Levinson マークレビンソン McIntosh マッキントッシュ ortofon オルトフォン PASS  パス・ラボラトリー PIEGA ピエガ ROTEL ローテル Westlake Audio ウェストレイク・オーディオ
Acoustic Solid アコースティックソリッド アナログプレーヤー

Bowers&Wilkins
dartzeel

dartzeel

Consequence Audio

dartzeel

Highphonic ハイフォニック 管球式アンプ
IKEDA Sound Lab.

Jeff Rowland ジェフ・ローランド

LUXMAN

Michell Engineering ミッチェルエンジニアリング アナログプレーヤー

MUTECH  ミューテック

Nmode

Phasemation

rogers ロジャース LS3/5a

Sonus Faber

soulnote

tannoy

Tivoli Audio チボリオーディオ

Triode 管球式アンプ

yamaha audio

ZYX

   

Copyright ©2008-2017 Homeshokai All Rights Reserved.
JBL ハイエンド スピーカーシステム Mark Levinson マークレビンソン McIntosh マッキントッシュ esoteric エソテリック LINN ATC Accuphase アキュフェーズ ROTEL ローテル Westlake Audio ウェストレイク・オーディオ ortofon オルトフォン PASS パスラボラトリーズ PIEGA ピエガ